2022年の振り返り

私は指定席の観戦チケットを購入していたので、スタジアム開場後からそこまで早くも遅くない時間の、キックオフ1~2時間前までにはスタジアムに到着していました。今日も45分から60分の試合時間の中で、彼のパフォーマンスを最大限に発揮してもらうプランでした。 そこにも書かせていただいたのですが、本来、体制だったり人事に関しては、特に今年に限って言うと、最後の最後まで残留争いをしていましたので、そういうことを配慮して、シーズン終了後に発表するということがクラブとしてもありましたし、土田SDはその前から新しい監督をどういうふうにするかということを、いろいろな検討を重ねていました。 ただ、あらかじめ渋滞に巻き込まれることも想定して、車の中でお腹が空いてしまわないよう、スタジアムグルメでガッツリ食べてご飯を済ませてしまうこともおすすめです。 チームとして安定していないところで2失点したことは残念でしたが、全体としては、チームで前進するところ、最後まで運んだ後の関わりは、たくさん出たと思います。大雨の影響で、最初の15分ほどはボールが止まってしまう状態だったので、ビルドアップを安定してボールを運ぶか、それとも、ピッチコンディションを考えたサッカーをするか。本校OB 鎌田大地選手が2試合連続ゴール!選手ウォーミングアップ開始(キックオフ40分くらい前)までには、食事やトイレを済ませて自分の席に座り、ウォーミングアップから選手を応援します。

そういった意味でも、責任をずっと感じて仕事をしてきたわけですが、代表といたしまして、これから浦和レッズを本当に強い、私が2年前に来たときに最大の目標として掲げたFIFAクラブワールドカップの優勝というものにチャレンジしていく、そういった強化の体制というものを考えたときに、今回、今までにない新しい発想で、新しいことをやっていける、そういったメンバーを集めることにしました。 この話題については別に記事を書いたのでそちらをお読みください。 カシマスタジアムのスタジアムグルメは本当に美味しいものばかりなので、私はいつも1品だけでなく必ず何品か買って食べていました。観戦当日、起きたらまず1日の天気を最終確認します。 アウェーでは3点差のクリーンシートでの勝利で、ここも楽観視出来そうですが、わりと下位チームに勝てない鹿島、そして横浜FCは前節で横浜マリノスと引き分けています。命が晒されているという危機感、日本の経済も大変だという面を選手たちも十分理解していて、出来るだけ3密を避けながら辛抱して生活している。来季こそ必ずリーグ奪還を果たすため充実した残り4試合にしてもらいたいです。 リーグ戦を観ている限り、柏は今季 4-2-3-1 をベースにしていますが、この日の立ち位置を見る限りは中盤を菱形(ダイアモンド型)にした 4-1-3-2 に近い形の 4-4-2 に見えました。 セレッソ大阪小菊昭雄監督(47)が7日、8日のJ1リーグ第32節柏レイソル戦(三協F柏)で、主将MF清武弘嗣(32)の先発復帰を明言した。

「これからのサッカー人生、クラブに必要とされる限りできるだけ長くセレッソでプレーをして、必ず結果を出して恩返しをします」と。行列や売り切れが発生している場合もあるので、早めのスタジアム来場がおすすめです。明治安田生命J1リーグ第21節のFC東京戦からリーグ戦で連敗を喫していたセレッソ大阪だが、先週は、天皇杯3回戦・磐田との前回対戦時は、内容も伴い2-0で快勝したが、相手のホームで迎える今節は、前回以上に厳しい展開が待ち受けているだろう。左サイドに展開。マルシーニョからボールを受けたダミアンが遠目からループシュートを狙うが、ゴール上に外れる。 カウンター気味に取られた2失点目。 まずはFC東京相手に、攻守に渡る奮闘をベースに得点に絡むプレーで存在感を示すことができるか注目だ。我々が前にパワーをかけたところでの3失点目。

後半に神戸の先制を許した直後、爆発的なスピードにシンプルなフィニッシュで同点ゴールを決めたバーロウは、延長前半にブラジル人FWグスタヴォ(28)の逆転弾をアシストする絶妙なクロスで勝利をたぐり寄せた。 「全体的な内容は悪くなかったと思います。 その中での疲労や、体のハリ、そして連戦があるということ。後半戦もしっかり集中して観戦するために、トイレにも忘れずに行きます。 キックオフ1~1時間半前までには到着するようにしていましたが、空きにまだ余裕があってもスタジアムから少し離れた場所になってしまっていたような記憶があります。 ジュビロ ユニフォーム できるだけスタジアムに近い場所に停めたい場合は、キックオフ2時間以上前までに到着しておくことをおすすめします。 ※以前使用していたnoteのアカウントを消してしまったので、以後こちらのnoteで色々書きます。 カシマスタジアムには、試合以外にも美味しいスタジアムグルメや楽しいイベントなど、早めに到着しても楽しめるモノ・ しかし「弱い弱い」と言うだけではブログを書く意味がないので、今の私の見立てを言葉にしておこうと思う。特に「もつ煮」に関しては、どこのお店も味のレベルが高くてどれを食べても美味しいので、お酒好きにはたまりません。 そして、後半勝負に持ち込んで今夏絶好調のストライカー、大迫選手のゴールなどで活路を開きたい。

j リーグ ユニフォーム詳細については、当社のウェブサイトをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。